JACK in the NET

5年ぶりの復活 【MCM by PHENOMENON】

FASHION 2020.04.01   REGGAWS



ドイツ発のレザーアイテムブランド「MCM エムシーエム)」と、日本のストリートブランド「 PHENOMENON(フェノメノン)」とのコラボレーションライン「 MCM by PHENOMENON 」が約5年ぶりに復活しました。
コラボデザイナーを務めたのは吉井雄一氏とともに「 MISTERGENTLEMAN (ミスタージェントルマン)」を手掛けるTAKESHI OSUMI (オオスミタケシ)氏。


今年1月を以て閉店した SWG の2階は元々PHENOMENONの直営店でした。


2014年秋冬シーズンに発売した MCM by PHENOMENON



MCMのバッグを見た事あるけど実際はどんなブランドかよく分からない。という方にブランド説明をします。
MCMは1976年にドイツ・ミュンヘンで設立された伝統あるブランドです。元々は旅行鞄メーカーとして誕生しました。1980年〜1990年代にかけてドイツを代表するレザーブランドに成長。
2005年に韓国の企業がブランドを買収したことにより大きく流れは変わりました。韓国アイドルや Lady GaGa(レディー・ガガ)、Kanye West (カニエ・ウエスト)、Beyonce (ビヨンセ)など海外アーティストが身に付けたことにより再ブレイク。
日本国内ではバブル時代に大流行。財布を持ち歩いていた人が多かったみたいですね!
美しいデザインと確かな品質で安定した人気を誇っています。




MISTERGENTLEMAN のデザイナーが何でコラボデザイナーに選ばれたの??と思う方もいるかと思いますので軽く説明しますと MCM by PHENOMENON のコラボデザイナーを務めたオオスミ氏は2016年春夏シーズンまでPHENOMENONを手がけていました。ブランド退任後もMCM会長との交流は深く、コラボの話は5年間ずっと出ていたそうです。コラボ復活までのストーリーがあって凄く良いですよね。

今回のコラボのテーマは ” STRICTLY ROOTS “(ルーツに忠実)
伝統ある MCM のルーツ、PHENOMENON が持つヒップホップやストリートカルチャーのルーツにオオスミ氏が今おもしろいと思う要素 をミックスしたコラボになっています。その為、クリア素材、PVC 、光で反射するプリントなど、いま旬な素材や技術を使用し、クリエイションをしています。


MCM のアイコンのヴィセトス柄のプリントを落とし込んだスウェット、クラッチバッグ。
クラッチバッグはアクリル板と一体化してる仕様。
スウェットのロゴは光で反射するプリントを使用。ラグランスリーブで他には無いシルエット。
着てみると分かりますが、レーヨンを使用しているのでスウェットですが涼感があります。


海、空、島をイメージしたプリントを施されたジャケット。
今回のコラボの象徴的アイテムとなっています。


ヴィセトス柄のプリントが施された PVC バッグ。
取り外し可能なポーチも付属しています。



アクリル板とカードケースが一体化した仕様
さっと掴めるハンドルが備えられています。



今回もオオスミ氏によるワクワクするクリエイションが展開されました。

MCM と PHENOMENON のコラボレーションは今後も各シーズンごとにコレクションを展開していく予定で、すでに次のシーズンの準備も始めているとの事ですので動向から目を離せないです。

JACK in the NET オンラインストアから商品をご覧に頂けます。

REGGAWS

ADDRESS:愛知県名古屋市中区栄3-35-15
TEL:052-263-3585

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ