JACK in the NET

【 MINEDENIM(マインデニム) 】全てが手作業の唯一無二の加工

FASHION 2020.04.23   JACK IN THE BOX


こんにちは、JACK in the BOX です。

今回は、数あるデニムブランドの中でも、スタイリストの野口 強 氏がディレクションを手掛けるブランド MINEDENIM(マインデニム)の今季イチオシのアイテムを紹介します。

そもそも マインデニム ってどんなブランドなんだろう? と今更聞けない方もいると思うので、まずはブランドの説明からさせていただきます。

マインデニム は、岡山の自社工場で独自開発しており、カットソーやテーラードジャケットに至るまでデニム生地で手掛けており、デニム生地にとても強いこだわりがあるブランドです。

ディレクターの野口 強 氏は、スタイリストとして今も尚、活躍しており、
名だたる芸能人のスタイリングをしてきたそのキャリアは、日本のファッションシーンに多くの影響を与えてきました。

ちなみに、MINEDENIM という名前ですが、前から読んでも、後ろから読んでも、【 MINEDENIM 】と読めるんです。
ここまでデニムにこだわったブランドとなると、ますますどんなアイテムがあるか気になってきますよね。

では、今季イチオシのアイテムを紹介していきます。

シャツ: LEOPARD S/S OPEN COLLAR SH
ショーツ: LEOPARD SHORTS

どうでしょう、かなりの迫力ですよね。
この迫力、町で見かけたらついつい目が惹かれてしまうと思います。



この生地ももちろん、デニム生地を使っています。
柔らかい4.5オンスのブラックデニムに、レオパード柄をプリントしており、そのプリント技術も、マインデニム ならでは。

ややゆったりとしたボックスシルエットなので、前を開いて羽織れば軽やかな印象を演出してくれます。

セットアップスタイルで着るのもオススメなのですが、
マインデニム 定番のブラックストレッチデニムのスキニージーンズで合わせるスタイルもオススメです。

カットソー: THANK YOU PRINT DENIM T-SH
パンツ: S.SLIM STR 5POCKET OWS


このコーディネートで履いてるスキニージーンズはストレッチがしっかりと利いていますので、スキニージーンズ特有の締め付けられるストレスもなく、気軽に履いて頂けます。

深みのある黒の風合いは、マインデニムを代表するアイテムらしい存在感を引き立たせています。

コットン97%、ポリウレタン3%のストレッチ素材は、防縮加工が施されていますので、洗って縮む心配もありません。

こちらのジーンズ、すでにワンウォッシュ加工済みなので、ジャストサイズで選べるのもオススメなポイントです。

正直、ゆったりとしたシルエットが最近の流行りなのですが、
流行ってるからこそあえて僕は、細身のシルエットを選びたくなるんですよね。
他人と被りたくないというか…。

もちろんゆったりとした服も着ます。
ただ、お洒落って色んな楽しみ方があって、たまにはいつもと違うスタイルに挑戦してみるのも楽しみ方の一つなのかなと。



皆さん、お気づきでしょうか?

実は、写真では伝わりにくいのですが、デニム独特の色落ち具合や、擦れ感があり、初めから長年使い込んだ雰囲気が出ます。もちろん、使い込む事によって経年変化も楽しめます。

パンツのディテールを見てみると、小さな拘りが詰まっており、腰の部分にマインデニム特有のスタッズが付いています。深みのある黒だからこそ、 このスタッズが映えて見え、程よいアクセントとなってくれます。


今回ご紹介したマインデニム はいかがだったでしょうか?

デニムは、はき慣らして経年変化を楽しむという楽しさがありますが、マインデニムは初めから、美しいシルエット、洗練されたディテール、リアルな表情を持ったデニムを提案してくれます。

もちろん、そこには品質が伴っていて、まさに唯一無二のデニムブランドです。

流行り廃りには左右されない、マインデニムの提案は今後も見逃せません。

気になった方は JACK in the NET (ジャック イン ザ ネット)オンラインストアでも販売しております。
是非そちらもご覧ください。

JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ