JACK in the NET

世界に一本だけのデニム。

FASHION 2020.05.13   ARGUS

MAISON EUREKA(メゾンエウレカ)

ドイツを拠点に活動するデザイナーの中津由利加氏が、2015年にスタートさせたブランドです。”MAISON”はフランス語で「家」、”EUREKA”古代ギリシャ語で「ひらめき」を意味し、ブランドコンセプトは「デザイナーの家であり、アトリエである場所で、ひらめきにとって生み出されるもの」としています。
女性の方の絶大な支持もある一方で、男性の方が着てもハマるユニセックスなアイテムを多く展開しており、男性の方にも人気が高いブランドです。

今回は MAISON EUREKA から、大定番アイテムを紹介します。

MAISON EUREKA / VINTAGE REWORK BIGGY PANTS(BLUE) ¥25,000+TAX
MAISON EUREKA / VINTAGE REWORK BIGGY PANTS(BLACK) ¥25,000+TAX

綺麗なシルエット、と言い表すのは何か違う、類のないアシンメトリーの複雑なシルエットです。そのため、夏のTシャツスタイルに取り入れるだけでスタイリングに個性が生まれるパンツです。

それだけでなく、このデニムの何よりの魅力は、ヴィンテージパンツをベースにアレンジしたという点です。
アメリカのデッドストックジーンズを厳選して買い付け、解体して再構築したデニムであり、新品に見えて元は古着だったわけです。

そして、同ブランドの手が加えられた印象的なデザインのウエスト。
どんな仕組みになっているのか見てみましょう。

広げるとこんな感じ。かなりワイドな日本ではあまり見られない USAサイズのデニムです。

こちらは Levi’s(リーバイス)や Lee(リー)に並ぶ、アメリカの3大ジーンズブランドの1つである、Wrangler(ラングラー) のデニムを使用しています。 Wranglerのデニムは作業着でしかなかったデニムにファッションデザイナーを初めて起用したブランドでファッション性が高いということでも有名です。
特徴としては、股上が深い、リベットに突起がなく平坦、ポケットの位置が高いという点が挙げられます。特に平坦なリベットはポケットにスマホを入れる際に画面が傷つかないので嬉しい仕様です!

そんな Wrangler のデニムのジップやフロントボタンを使えない様に改造していあります。

そのため…

このように巻いて、


フックを腰位置に引っ掛け、


フロントボタンを腰位置で留めて、

ウエストの紐を縛って着用します。

このようなギミックが独特なシルエットを作り上げています。

178cm の僕が今履いているのがサイズ2です。
サイズ1と比較してみると…一瞬違ったデニムと勘違いしてしまうほどに雰囲気が違います。

それもそのはず!
先ほども述べたように、こちら古着屋のデッドストックのデニム。つまり、一点一点異なったデニムを使用しています。
そのため、写真からもわかるように同じ品番のものとは思えないほど、色味、裾の切りっぱなしのデザイン、サイズ感が異なります。

ブラックのカラーも一点一点異なった風合いです。同じものは一つたりともない、まさに誰とも被らないデニムなのではないでしょうか。
倉庫で眠っていたデニムが、ブランドのフィルターを通して姿を変え、多くの人に履いてもらえる。そういったバックボーンも知った上で履くとより愛着が湧いてしまいます。しかもその一本が自分だけしか持っていない、世界に一本だけのデニム。興奮は止まりません!
サイズだけでなく、自分好みのデザインという視点で選んでみるのもいいと思います。男女という枠も超えて、自分の気に入った一本を是非選んで頂きたいです!


J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

また、不明な点などありましたら、いつでもお問い合わせフォーム、またはインスタグラムのDM等からご連絡ください。

ARGUS&MPインスタグラムでは、入荷情報やスタイリングサンプル等を配信しています。こちらもよかったら是非フォローお願いします。






ARGUS

ADDRESS:岐阜県岐阜市玉宮町1-10-3
TEL:058-214-8217

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ