JACK in the NET

個性が光るタイダイアイテム

FASHION 2020.05.17   JACK IN THE BOX

個性が光るタイダイアイテム


こんにちは JACK IN THE BOX(ジャックインザボックス)です。

最近街中でよくタイダイ染めのアイテムを着ている方を見かけます。

まずタイダイというのは、英語で TIE DYE と書きます。
TIE=「絞る」 、DYE=「染める」という意味です。

日本語訳にすると、絞り染めです。

絞り染めとは、布の一部を糸などの紐で固く括ったり絞った後に染色し、括られた箇所が模様や柄として残るという染色法です。単色染めはもちろん、様々な色を掛け合わせた多色染めも可能です。

どんな太さの糸でどのくらい絞り、どの色に染めるかによって柄や色合い、凸凹感などの風合いが変わります。そのため、決して同じものはできず、世界で1つの唯一無二の柄が出来上がるという魅力があります。絞り染めは手法や呼び名は異なりますが、日本だけでなく世界中で愛される染色法です。




そこで今回は、BEDWIN & THE HEARTBREAKERS(ベドウィンアンドザハートブレイカーズ)から、タイダイ染めのアイテムを紹介していきたいと思います。

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS / L/S TIE DYE TEE “RUSH” ¥8,500+TAX
身長:165cm 体重:60kg サイズ:M


 初めに紹介するのがタイダイ染めのロングTシャツです。

90年代を彷彿とさせるGOAT(ゴート)ボディ−を使用しており、 首元もしっかり詰まっている為、だらしない印象に見えないです。
また、袖口にはリブが付いているので手元がスッキリしています。個人的にはこのアームのたまり具合が好みです。


タイダイ染めは派手な色の印象が強いのですが、あえて淡い色合いで染める事でアイテム自体が主張しすぎず、コーディネイトの幅を広げる事が出来ます。



後ろ身頃には、光沢のあるラバープリントでベドウィンのロゴが配置されています。

シンプルなデザインで可愛らしい色合いなので、男女問わずオススメです!


色は5色展開です。



BEDWIN & THE HEARTBREAKERS /5/L TIE DYE SHORTS “MANI” ¥21,000+TAX
サイズ:M


ショーツにもタイダイ染めが施されており、 丈は膝上くらいです。後ろベルト部分にゴムを入れた、イージー仕様のショーツなので、サイズ調節が簡単にでき、どんな体型の方にもフィットしてくれます。
表地には膨らみとツヤが出るよう加工されたチノ地を使用してあり、ベルトループにドローコードを通す事でストリート要素もプラスしています。
ドローコードが付いていることによりベルトもいりませんし、ドローコードのオレンジ色がいいアクセントになっています。
この錆の様な独特な風合いも1点1点違うので他の人と被ることもありませんので、この柄は自分だけが持っているという特別感があっていいですよね。

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS /5/L TIE DYE SHORTS “MANI” ¥21,000+TAX
サイズ:M


ぱっと見では分かりにくいのですが、こちらもタイダイ染めが施されておりヴィンテージっぽい雰囲気があります。
ミリタリーの様な色合いで、ドローコードも同色にする事で全体にまとまりがありかっこいいです。



拡大してみるとタイダイ染めが施されているのがよくわかります。




タイダイ染めのアイテムは、縛り方や染め方により独特な個性が出ます。
1点1点違う雰囲気があるので、お気に入りの柄や色合いを見つけたらぜひお手に取ってみてください。


今回ご紹介しきれなかった商品がたくさん掲載されていますので、気になった方は JACK in the NET (ジャックインザネット)オンラインストアをご覧ください。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。


ご不明な点などありましたら、いつでもお問い合わせフォームからご連絡ください。


JACK IN THE BOXのインスタグラムでは、 入荷情報や、スタイル提案等、様々な情報を配信しておりますので是非フォローをお願い致します!




JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ