JACK in the NET

WACKO MARIA(ワコマリア)新作アイテム紹介

FASHION 2020.06.13   JACK IN THE BOX

WACKO MARIA(ワコマリア)


こんにちは JACK IN THE BOX(ジャックインザボックス)です。

今回は、本日発売のWACKO MARIA(ワコマリア)の新作アイテムをご紹介します。

※画像はWACKO MARIA 公式より引用


ワコマリアといえば、バックボーンに音楽や映画など様々なカルチャーがあります。今回は2020年で生誕75周年を迎える、ジャマイカ出身の伝説的レゲエアーティスト「ボブ・マーリー」とのコラボレーションアイテムを紹介します。

ボブ・マーリーは独特な歌声と宗教的・社会的な作詞スタイルで知られており、彼の音楽や思想は、音楽関係者のみならず数多くの人々に今もなお多大な影響を与えています。

過去にもボブ・マーリーコラボを展開してきたワコマリアですが、今回のアロハシャツは写真のコラージュによるデザインをプリントしてあります。
ボブマーリーがサッカーをするフォトが前面にプリントされています。
ボールを蹴っていたり、棒にぶら下がっている所など様々な動きがプリントされています。今までの物と違った雰囲気があり、少しかわいらしさを感じます。

上質なレーヨンを使用している為、軽やかで肌触りが良いのでこれからの時期は大活躍してくれそうです。



サラッと羽織るだけでもインパクトがあります。
前を開けて着るのも清涼感があり、スッキリした印象です。
インナーのカラーによってもイメージが変わるので、インナーには白を持ってきてシンプルにまとめるのがオススメです。

色は3色展開です。

WACKO MARIA/ HIGHTIMES TIE DYE CREW NECK T-SHIRT ( TYPE-1 ) ¥13,000+TAX


アメリカ・ロサンゼルスのカルチャー雑誌「HIGH TIMES(ハイタイムズ)」とコラボレーションのタイダイ染めのT-SHIRTです。
ハイタイムズは、大麻草などの写真を見開きページで大々的に掲載するなど、嗜好品としての大麻使用の合法化を強く主張しているマリファナ特集雑誌です。

左胸部分にロゴのプリントが配置されています。
ボディー全面にタイダイ染めを施した、コラボレーションならではのデザインに仕上がってます。
また、タイダイ染めは縛り方や染色する色によって一点一点違う印象になるので、一つとして同じものが無いというのも魅力です。

個人的には、ハイタイムズのロゴと統一感のあるグリーンがお気に入りです。

色は3色展開です。


今回ご紹介したアイテムは、JACK in the NET(ジャックインザネット)オンラインストアでも掲載されていますので、ご来店が難しい方もぜひ一度ご覧ください。


J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。


JACK IN THE BOX(ジャック イン ザ ボックス)のインスタグラムでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しておりますのでフォローをお願い致します。


JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ