JACK in the NET

一枚で決まる!キャッチーなグラフィックTシャツ。

FASHION 2020.07.08   MP

APPLEBUM(アップルバム)


こんにちは、ARGUS(アーガス)です。
本日は、ご好評頂いているAPPLEBUM(アップルバム)から、キャッチーなグラフィックプリントTシャツをご紹介します。

グラフィックTシャツといえばアップルバムというくらい、毎シーズン様々なカルチャーを落とし込んだデザインのTシャツがリリースされています。

その中から、特にしぶくて、たまらないTシャツをご紹介していきます。

まずはこちら!

“Dead President” Big Pocket T-shirt ¥6,000+TAX


前面は一見シンプルなポケットTシャツです。ポケットに記されたメッセージが気になるところですが、、特に注目してほしいのは背面に施されたプリントです!



80’sのトロピカルでクリアな画風をサンプリングし、音楽業界に多大な影響を与え続け誰もが認めるヒップホップ界の帝王”HOVA”のアートを背中に落とし込みました。
ポケット部分には「DEAD PRESIDENTS TO REPRESENT ME(大統領(札束)こそが俺を表してるんだ(金を稼げ))」のフレーズをプリント。

※公式オンラインストアより引用


アップルバムらしく、ブラックミュージックが背景にあるデザインです。
個人的に、このブランドはレトロな車のプリントが多いイメージですが、このTシャツのように高級車が描かれているのはどこか新鮮に感じます。

こちらのTシャツは5.6オンスのスタンダードな厚みで、シーズン問わず着ていただけます。身幅と肩幅が広めにとられているため、ゆったりと、楽に着ていただけます。


“Summer Breeze” L/S T-shirt ¥8,000+TAX


続いてご紹介するのが、こちらのL/S Tシャツです。
こちらも車のデザインですが、先ほどのTシャツとは違いフロントプリントです。
少しプリントに寄ってみましょう。


淡い色合いの夕景の中に1人の女性と1台の車。
ノスタルジックな雰囲気を醸し出す1シーンをプリントしたロングTシャツ。
左袖には名盤のタイトル「love&understunding」のメッセージを。
右袖には名曲のリリック「夏の風はいい気分にしてくれる。心にジャスミンの香りが吹き抜ける。」の1フレーズを落とし込みました。

※公式オンラインストアより引用


ドライブでどこかに出かけたくなるような、これからの時期にぴったりのデザインです。
どこかロマンチックな雰囲気で、大人の色気を感じる一枚です。


左右の袖のデザインがアシンメトリーとなっており、それぞれに音楽のエッセンスを感じるメッセージが込められています。

こちらのL/S Tシャツは、先に紹介したTシャツよりもヘビーな7.4オンスのボディで、しっかり使い込んでいただけるタフさも魅力です。

Tokyo 23 (Neon)” L/S T-shirt  ¥8,000+TAX


最後の紹介するのが、こちらのL/S Tシャツです。
先ほどまでのプリントTシャツとは少し雰囲気の違うプリントです。


水溜りに映った新宿歌舞伎町のネオンを素材に東京23区を意味するデザインに仕上げました。

※公式オンラインサイトより引用


東京23区が由来のナンバリングTシャツで、よく見ると歌舞伎町のネオンが描かれています。

チームユニフォームのようなデザインで、岐阜在住の僕は、バスケットボール界のレジェンドを連想してしまいます。

こちらは、左袖にブランド名のプリントと、袖口にはブランドタグが付きます。
こちらも7.4オンスのヘビーな生地感で、身幅とアームが広く取られており、ゆったりとしたシルエットをお楽しみ頂けます。

どのグラフィックにも背景があり、着ていて気分が高まるTシャツだったのではないでしょうか。
今回ご紹介したTシャツはARGUSにて店頭販売しております。

また、JACK in the NET(ジャック イン ザ ネット)オンラインストア では様々な商品を取り扱っています。ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。

ARGUS&MP(アーガス&エムピー)のインスタグラムでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しておりますのでフォローをお願い致します。

ARGUS

ADDRESS:岐阜県岐阜市玉宮町1-10-3
TEL:058-214-8217

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ