JACK in the NET

進化したODSY! OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™

FASHION 2020.10.15   REGGAWS

OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™

こんにちは!REGGAWSの吉澤です。
今回は、去年から発売しているオフホワイトのダッドスニーカー、”ODSSY”のご紹介です。
今回のODSSYは、一味違います。
一体どんな違いがあるのでしょう。
以前のモデルと比較しながら、見ていきたいと思います。


【ODSY-1000】

スパイク状のソールが特徴的な、オフホワイト初のダッドスニーカーです。
オフホワイトのスニーカーに付く赤タグは、今や当たり前になってきたのではないでしょうか?
かなりボリュームのあるスニーカーですが、クッション性が高く、トレッキングシューズのソールからインスパイアされている分、歩きやすさも抜群です。
色合いはヴィンテージ感が漂い、そんな雰囲気からソールが削れて、汚れていくのも、楽しんでいただけるスニーカーです。

インソールには、アローロゴがプリントされ、オフホワイトの細かい拘りが伺えます。
この上から見たときのシルエットが、個人的に一番好きです!

ヒールタブには、オフホワイトの代名詞であるインダストリアルベルトを使用。
ゴム引きヒールの存在感もあり、どの角度から見ても迫力があります。

ここまでは、従来のモデルの良さをたっぷり伝えてきましたが、今年のODSYは別物でした!

【ODSY-2000】

アッパーのデザインに大きく変化はありません。
ですが、ODSY-1000と大きく異なるところが・・・

ソールです!!

ODSY-1000では、マウンテン用のトレッキングソールから着想を得たモデルに対して、ODSY-2000では、陸上用のトレイルランニングのソールからインスパイアされています。
ソールがトレイルソールになったことで、更に歩きやすく軽いのが、ODSY-2000の一番の魅力です。
僕自身、一日中履いていますが全く疲れません。

見た目こそ大きく違いはないですが、細かいところに目を向けると別物でした。
つま先からの角度が、ODSY-2000の方が低く、よりスポーティな印象を受けます。
シュータンは、半分くらいの薄さになりラバーナイロンを使用しています。

以前より、ソールのボリュームは減っていますが、ダッドスニーカー感は残しています。
ソールがカラフルになっているので、よりキャッチーな印象を受け、ODSY-1000には無い、ソールのカラーブロッキングが目を引きます。
ラバーのヒールタブが特徴的で、先にはアローロゴが型押しされています。

かかとには、新ロゴが型押しされているのが今季らしいポイントです。

OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ / ODSY-2000
¥75,000+TAX(BLUE)
OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ / ODSY-2000
¥75,000+TAX(ORANGE)
OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ / ODSY-2000
¥75,000+TAX(MULTI)
OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ / ODSY-2000
¥75,000+TAX(GREY)

REGGAWSでは、4色発売していてどのカラーも異なる良さがあり、迷いますよね。
直感で選んでみてください。

見た目以上に履きやすく、合わせやすいのでぜひ一度試してみてください。

派手な服が多い僕は、このカラーリングをチョイスしました。
REGGAWSスタッフが、今季一番おすすめしているカラーである、ブルーとグレーの合わせ方に心打たれました。

皆さんも、一度挑戦してみましょう。

今回ご紹介させて頂いたアイテムは JACK in the NETオンラインストアでも、本日より発売しておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。





Twitterも新たにスタート致しましたのでフォローをお願い致します。


REGGAWS

ADDRESS:愛知県名古屋市中区栄3-35-15
TEL:052-263-3585

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ