JACK in the NET

ブラックアルパカを贅沢に使ったMARKAWAREの唯一無二なアイテム

FASHION 2022.11.05 JACK IN THE BOX

ブラックアルパカを贅沢に使ったMARKAWARE (マーカウェア) のアイテム

こんにちは。JACK IN THE BOX の鬼頭です。

今回紹介するのは、MARKAWAREのブラックアルパカシリーズです。

ペルーのアルデンス山脈に生息している、標高4,000mを超えるエリアで育てらたアルパカ。
かつては40色以上と言われ、現在も20色を超えるほど豊富な天然色の毛色が特徴です。
ブラックアルパカは、その中でも最も稀少で全体の0.01%しかおらず、テキスタイルで使用されることがほとんどありません。

また、自然の色そのままで染色などをしない為、染色時に必要となる水や染料、重油を使用せず好環境に加え素材が本来持つ風合いが活きた手触りになっています。

そんな稀少な素材を100%使用したアイテムをスタイリングと交えながら紹介します。


上品さと無骨さを合わせ持ったライディングジャケット。
ライディングジャケットとは、バイクに乗るために作られたジャケットで、主にレザーやポリエステルなどの生地を使用することが多いです。
肩や肘にプロテクターが入っているなどの工夫がされています。

アルパカウールのダブルクロスで仕立てる事により、上品さが感じられ、光の色や当たり具合によって生地本来の黒色が赤茶色にも見える深みのある色と質感に仕上がっています。

肩幅や身幅がジャストなサイズ感で色々な体型でも似合うようにデザインされています。
着丈が短い分レイヤードも楽しめるのが嬉しいポイントです。


光の当たり方によって赤茶色にも見えるので下に赤系のシャツを合わせ、上品さを出し、太めのパンツで少し無骨な印象になる様にしてみました。

生地の光沢感やファスナーのアクセントがシンプルなデザインながらも存在感ある一着に仕上がっています。
秋冬の主役におすすめです。


ケーブル編みが特徴のフィッシャーマンニット。
フィッシャーマンニットとは、イギリスやフランスの漁師が漁に出る際に着ていた手編みのニットのことで、海の上で寒さに対応するために保湿と防寒が優れています。

アルパカウールを贅沢に使っている為、滑らかな風合いと落ち感が特徴。
チクチク感もほとんどなく、着心地がとても良いです。
温かみのある質感と天然色の深みのある色が、高級感があります。
袖が少し長めにデザインされており、リブがしっかりと利いているため、袖の溜りが良い感じに出ます。


セーターの色を最大限に活かす為、少し渋めの色合いで統一。
着丈が短い分レイヤードを楽しみたいと思い、チェック柄のシャツをインナーに合わせ、少しゆったりとしたシルエットのパンツでラフな感じにしてみました。
サイドには、大きなスリットがデザインされています。
動きによってスリットからチラっとインナーが見え、目を引きます。

ブラックアルパカという希少な素材を格好良いアイテムに仕上げられるのは、MARKAWAREの魅力の一つだと思います。
写真で見るよりも色や生地感などは、実際に触れてみないと分からない部分も沢山あります。
ぜひ店頭で試してみてください。


今回紹介した商品以外も JACK in the NET オンラインストア で通信販売しております。

J.B. Voice (ジェービーボイス) グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。

JACK in the NETのYouTube チャンネル、JACK IN THE BOXのインスタグラムやツイッターでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しております。




JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ