JACK in the NET

ディテールで魅せる。おすすめのミリタリーパンツ

FASHION 2023.03.07 JACK IN THE BOX

ディテールで魅せる。おすすめのミリタリーパンツ


こんにちは。JACK IN THE BOXの安田です。
今回は今期のおすすめミリタリーパンツを3本紹介します。

marka(マーカ)

marka / BAKER PANTS PAINTED 税込36,300円


まず初めに紹介するのはmarkaのベイカーペイントパンツです。

50年代のUSエアフォースが履いていたパンツをモチーフにしたものにペイント加工をしています。
ストーンバイウォッシュ加工という加工方法で生地を古着の様な風合いにしており、生地はオーガニックコットンを使用していて、ムラ感があるのが特徴です。

ウエストのサイドにはアジャスターが付いており、ドットボタンで調節する事ができるのでベルトなしのスタイルも楽しむ事が出来ます。

股上が深く腰回りにゆとりがあり、裾に向けて緩やかなテーパードシルエットです。1タックで両足にハンマーポケットが付いているのが特徴です。

生地感は軽めなので春夏に活躍する1本です。
ペイントパンツなので1本でスタイリングの主役になります。

A.PRESSE(アプレッセ)

A.PRESSE / MT TROOPER PANTS 税込46,200円


こちらはA.PRESSEのトルーパーパンツです。

U.S ARMYの山岳救助隊のパンツをベースにしたモデルです。
22AWにも同じ型のパンツは出ていましたが、生地を春夏向けにアップデートされているのも特徴です。

シルケット加工という光沢や風合いを生む加工を施しているので毛羽が少なく光沢感があり、品の良いヴィンテージのようなパンツです。
ヒップや渡りはゆったりして、テーパードは緩やかにしています。

フロントのファスナーは1893年に世界で初めてファスナーを発明したアメリカ合衆国のファスナーメーカー、タロンなのでヴィンテージ好きの方は反応するポイントなのではないでしょうか。

Liberaders(リベレイダース)

Liberaiders / 6POCKET ARMY PANTS 税込20,900円


最後に紹介するのがLiberadersの6ポケットアーミーパンツです。
ブランドの代名詞であり不動の人気アイテムです。

6ポケットのBUDパンツ(アメリカ軍の兵士が着用していた戦闘服)で、スラブバックサテンというしっとりと柔らかい素材を使用しているので穿き心地も良いです。

ケミカルウォッシュ加工という加工方法で柔らかな風合いを出しています。
今まで紹介したミリタリーパンツの中では一番細く、裾口が程よい広さなのでスニーカーでも革靴でも合わせられます。

バックポケットにはタイペックラベルが入っており、リべレイダースのロゴがプリントされています。

どのミリタリーパンツもそれぞれ特徴が違うのでぜひ店頭で穿いて試してみてください。


今回紹介した商品は JACK in the NET オンラインストア で通信販売しております。

J.B. Voice (ジェービーボイス) グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。

JACK in the NETのYouTube チャンネル、JACK IN THE BOXのインスタグラムやツイッターでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しております。














JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ