JACK in the NET

チャリティTシャツ。Maison Margiela(メゾン マルジェラ)

FASHION 2020.06.07   SP.

Maison Margiela(メゾン マルジェラ)

毎シーズン定番でリリースされるMaison Margiela(メゾン マルジェラ)のチャリティTシャツ。多数のカラータイプが存在し、マルジェラを知らない方でも一度は、見かけたことがあるのではないでしょうか。

Maison Margiela / AIDS Charity Tシャツ ¥18,000+TAX

首元のプリントが特徴のTシャツです。
1994-1995年秋冬コレクションから今シーズンまでリリースされています。

「THERE IS MORE ACTION TO BE DONE TO FIGHT AIDS THAN TO WEAR THIS T SHIRT BUT IT’S A GOOD START(エイズと闘うためにすべき活動はもっとあるがこのTシャツを着ることは良い始まりだ)」

首元の英文は、初期の頃からデザインを変えていません。
このTシャツは、AIDS(エイズ)のチャリティーTシャツで、売上の一部がHIVウイルスとエイズの撲滅、患者のサポートのために設立されたフランスの機関「AIDES」に寄付されるようになっています。

これは、黒いボディに赤色のラメコーティングがされたプリントのモデル。襟元がグッと華やかになります。やや深めのVネックが、涼し気で夏にサラッと一枚で着たくなります。

モデル身長 171cm
着用サイズ L

SOPHNET.(ソフネット)の黒のスラックスと合わせました。スラックスを合わせることで、カジュアルになり過ぎないように意識しました。
サイズ感は大きめの作りではないので、ゆるっと着たい方は、大きめのサイズを選ぶと良いと思います。

Maison Margiela / AIDS Charity Tシャツ ¥18,000+TAX

お次は、白ボディに白いプリントが施された一枚です。プリントが同色にまとめられているので、シンプルながらもデザインの効いた一枚です。

着ている状態では、英文のプリントが隠れて、見ただけでは分からないですが、脱いだり、折りたたむこととで、全文があきらかになるようになっています。このTシャツに込められたメッセージが、形を変えた時に初めて、伝わるようになっています。プリントの主張だけでなく、デザインにも拘られたMaison Margiela(メゾン マルジェラ)ならではの一着です。

モデル身長 171cm
着用サイズ L

白を基調としたデザインで、黒ボディとはまた違った印象です。
Tシャツの生地は、サラサラとした肌触りの良い、薄手のコットンを使用しています。着ていてごわつくことが無いので、タックインスタイルも気兼ねなく楽しめそうです。

Graphpaper / BROAD S/S OVERSIZED REGULAR COLLAR SHIRT ¥23,000+TAX

Graphpaper(グラフペーパー)の白シャツを羽織ってみました。
一枚での着用は勿論ですが、インナー使いも楽しんでいただけます。

今回ご紹介した以外にも商品がたくさん掲載されていますので、気になった方は JACK in the NET (ジャックインザネット)オンラインストアをご覧ください。 ご不明な点などありましたら、いつでもお問い合わせフォームからご連絡ください。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。

SP.(エスピー)のインスタグラムでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しておりますのでフォローをお願い致します。

SP.

ADDRESS:岐阜県岐阜市玉宮町1-19
TEL:058-269-4655

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ