JACK in the NET

JACK IN THE RED—60 PROJECT— MACKINTOSH × J.B.Voice

FASHION 2021.08.31 JACK IN THE BOXREGGAWSSP.

MACKINTOSH(マッキントッシュ)


こんにちは JACK IN THE BOX(ジャックインザボックス)の鶴田です。

明日、9 月 1 日(水)から開始するプロジェクト、JACK IN THE RED—60 PROJECT— の第一弾の発売商品をご紹介します。

JACK IN THE RED
—60 PROJECT—


9月1日より、J.B.Voice は
これまで支えてくださった多くの関係者様と
お客様への感謝を胸に、
新たなプロジェクトを始動します。

同日、弊社代表の樋口が60歳を迎え、
J.B.Voice も「暦」が「還る」という

還暦の意になぞらえて一巡。
ひとつのステージが終了し、

新たなステージに立ちます。

その第一歩が、
“JACK IN THE RED”。

ファウンダーの樋口や
基盤を構築した歴代スタッフ達からの DNA を受け継ぎ、
新生 J.B.Voice として
次のステージで世に問う新たな挑戦。

今年の年末まで、
それにふさわしい様々なプロジェクトを展開予定。
是非ご期待ください。


今回はその中から MACKINTOSH のコートを紹介します。

MACKINTOSH × J.B.Voice / COAT 118,000円(税込129,800円)


今回の企画を進めるにあたって、店長 小久保がどうしても別注をお願いしたかったブランドの一つがこの MACKINTOSH 。
弊社内でも愛用者が多く、いつかは僕も手に入れたいと思っているブランドです。しかもベージュカラーを着用するスタッフが非常に多く、どうしてかな?と思い、小久保に聞いてみたら、
「昔 MACKINTOSH の取り扱いがスタートした頃、社長がベージュのトレンチコートをサラッとスウェットの上に着てたんだよね。それがすごくカッコ良くて…多分そのせい。恥ずかしいから社長には内緒ね。」すみません店長、ばらしてしまいました。笑

そして小久保は、大手セレクトショップや、東京の有名店などがコラボしているのを見て、いつか自分の店もコラボしたい。という憧れをずっと抱いていたそうです。
そんな長年の想いもあり、今回のプロジェクトの最初から、頻繫に電話でお願いする小久保の様子を僕も隣でよく見ていました。

とはいえ 相手は 100年以上続く世界的に有名な老舗ブランドです。
ハードルが高いのはもちろん、生産上の都合もあって、地方のセレクトショップの別注商品を作る。という企画はなかなか簡単には進みませんでした。

前例もないし、やっぱり難しいかな?と諦めかけていた頃、一本の電話が鳴りました。弊社が取り扱いを始めたころからお世話になっている MACKINTOSH ジャパン社の方からでした。
色々な偶然が重なり、別注の話が進められるかもしれません。という内容の連絡でした。
すぐにミーティングのアポイントをとり、興奮気味に東京に向かった小久保はとても嬉しそうでした。

そんな思い入れの詰まった別注コートの詳細を見ていきましょう。

身長:174cm 体重:68kg サイズ:M


今回の別注は、すでに廃盤になっているクラシックなゴム引きのホースライディングコートをベースに作成されています。
オリジナルには後付けのフードや、チンストラップ等の装飾がありますが、それをすべて取り払う事で、オンオフどちらでも使えるミニマルなデザインに仕上がっています。

ボディーは、定番トレンチコートに使用されている、ふっくらとした肉感が特徴のコットンギャバジンが使われています。


ホースライディングコートの特徴でもある、後ろのサイドベンツの開閉ギミックはそのままにする事で、自転車や車など乗り物に乗り降りする際や、コートを着たまま座っても裾が邪魔になりません。
お客様達から 「 東海地区は車社会だから、ロングコートよりもハーフ丈のコートが欲しい」という声をよく耳にします。
弊社スタッフも自転車通勤のスタッフが多く、丈の長いアイテムを避けたい気持ちはよくわかります。
でもやっぱりお洒落は楽しみたい。さらに高い物だから色んなシチュエーションで使いたい。
そんな僕らとお客様のわがままを最大限聞いていただいた MACKINTOSH 社の皆様、本当にありがとうございました。みんなの思いが詰まった別注コート。是非一度お試しください。

最後に JACK IN THE BOX スタッフの通勤時のスタイルにコートを合わせたコーディネートを紹介します。

スタイル① 小久保


コートのインナーにスウェットパーカを合わせた、冬によく見る店長のスタイルです。
明るい色の物と合わせてもばっちり合います。
自転車通勤をしているのですが、長さがちょうど良いのでタイヤに裾をこする事もなく快適に過ごせそうです。

スタイル② 鶴田


シンプルな合わせ方をしてみました。
僕は電車通勤なので、ロングコートだと座った時に裾を踏んでしまうのですが、このコートだとそれも解消できそうです。
少しゆったりしているので、中に着こむ事も出来き温度調節も楽にできそうです。

スタイル③ 林本


林本は歩いて通勤する事が多いのでラフにスウェットパンツで合わせています。
この様にラフな格好にも合わせる事が出来るので、幅広いコーディネートに取り入れられます。

様々なスタイルに合わせる事が出来る MACKINTOSH × J.B.Voice のコート。
気になった方は是非一度手に取って、自分のスタイルに合ったコーディネートを組んでみて下さい。

今回紹介したアイテムは、名古屋 JACK IN THE BOX 、REGGAWS 、岐阜 SP. JACK in the NET オンラインストア にて、9 / 1(水)12 時から販売開始します。

今後もこのプロジェクトの為に制作、企画された商品の展開や、イベントを開催していきます。JACK in the NET オンラインストアにも JACK IN THE RED 専用の特別ページを開設予定です。JACK in the NET YouTube チャンネルInstagramTwitter でも最新情報を随時更新していきます。是非ご期待ください。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。

JACK in the NET YouTube チャンネル、 JACK IN THE BOX(ジャックインザボックス)のインスタグラムやツイッターでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信しております。




JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

REGGAWS

ADDRESS:愛知県名古屋市中区栄3-35-15
TEL:052-263-3585

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

SP.

ADDRESS:岐阜県岐阜市玉宮町1-19
TEL:058-269-4655

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ