JACK in the NET

VETEMENTS 22 S/S COLLECTION 12/25(土)スタート

FASHION 2021.12.23 REGGAWS

こんにちは!スタッフの吉澤です。
今回は待ちに待っていた、VETEMENTS 22 S/S COLLECTION がスタートするので、紹介します。

前回のコレクションに引き続き100ルックを越える大ボリュームとなっている今回のコレクションは、Photoshopユーザーにはおなじみの市松模様を模した背景に、映画「マトリックス」をオマージュしたルックやデジタルパターン、ファイヤーパターンを大胆に落とし込んだアイテム、「プラダを着ない悪魔」というアイロニカルなグラフィックが配されたTシャツやスウェット、元デザイナー デムナ ヴァザリアの出身校「アントワープ王立芸術アカデミー」から着想を得たアントワープのロゴシリーズなどがラインアップします。

また、テーラードスタイルをストリートに落とし込み、着崩したスタイルも注目です。

それでは、ルックを見ながら 22 S/S COLLECTION の魅力を伝えていきたいと思います。

【マトリックス】

人気映画「マトリックス」から着想を得ているということもあり、今回のモデルは全員、オークリーコラボレーションのスポーツサングラスを掛けています。
マトリックスコードと呼ばれるコンピューターフォントをオマージュしてプリントしているのが特徴のルックです。

【大胆なグラフィック】

今までのコレクションの中でも特に今シーズンは、多彩なグラフィックが使用されています。
前述したマトリックス調の柄もそうですが、総柄が目を引きシンプルな服にアクセントを加えられるものが多く、デジタル柄、落書き、燃え上がる炎、レモン柄などの自然に由来するものまで個性溢れるグラフィックが特徴的です。

【The devil doesn’t wear Prada(プラダを着ない悪魔)】

映画「プラダを着た悪魔」のフォントに悪魔のイラストを添えて、プラダを着ない悪魔と皮肉混じりのロゴに変えたデザインです。
こういった遊び心もVETEMENTS ならではではないでしょうか。

【アントワープ】

某ブランドをオマージュしたアントワープロゴに 、VETEMENTS の代名詞であるユニコーンのグラフィックを落とし込んだ今シーズンのオススメデザインです。
個人的にもとても楽しみにしているデザインで、Tシャツ2型、パーカー1型の計4色で展開されます。
また、今回のTシャツは新しいシルエットも登場しており、定番のオーバーフィットのモデルと上記写真のピタッとしたスーパースリムフィットの2種類です。

【テーラードアイテム×ストリート】

僕が最近ハマっているスタイリングが正にこのスタイリングです。
VETEMENTS の様に派手なグラフィックが好きな僕は、テーラードジャケットやコートをスタイリングに取り入れることが難しかったのですが、VETEMENTS のルックを見たときに、合わせてみたら意外とアリだ!かっこいい!と感じました。

なので、最近はスウェットパーカにテーラードジャケットのスタイルで店頭に立っています。
また、パンツもデニムやスラックス、スウェットパンツなど色々なものと合わせながら日々スタイリングを模索しています。

このアンバランスさでもかっこよく見せられる VETEMENTS は本当にすごいなと感じました。

上記以外にも、REGGAWS でオーダーしているアイテムが使われたルックを紹介します。

【販売スケジュール】

12/25(土)12:00~
REGGAWS 店頭発売

12/26(日)0:00~
JACK in the NETオンラインストア発売

※JACK in the NETオンラインストアで完売した商品は、店頭での販売ございませんので予めご了承下さい。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしております。


REGGAWS

ADDRESS:愛知県名古屋市中区栄3-35-15
TEL:052-263-3585

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ