JACK in the NET

Graphpaper の定番アイテム、コックパンツからシェフパンツに。

FASHION 2020.07.13   JACK IN THE BOX

Graphpaper(グラフペーパー)の定番アイテム、コックパンツからシェフパンツに。

こんにちは、JACK IN THE BOX(ジャックインザボックス)です。

7/13(土)より本格的に秋冬コレクションが立ち上がったGraphpaer(グラフペーパー)。
今回のデリバリーで、グラフペーパーを代表するような定番アイテムが沢山入荷してきました。
今回のコレクションから、その定番アイテムのひとつ「コックパンツ」が「シェフパンツ」という名前にリニューアルしました。
コックパンツ改めシェフパンツについては一度、当ウェブマガジンでもご紹介しているのですが、一部仕様も変更されていますので、改めてご紹介していこうと思います。
[ 前回ご紹介した記事はコチラから。]

Graphpaper / SELVAGE WOOL CHEF PANTS ¥28,000+tax
着用サイズ:FREE( 168cm / 58kg )


前回の記事ではざっくりと説明していましたので、今回はより深掘りしたご紹介をしていきます。

まず、このパンツの生地ですが、商品名にある通りウールを使用してあります。
普通のウール生地を想像してしまうと、暑そうだし、なによりチクチクするのが我慢できないなど、僕は少しマイナスなイメージを持ってしまいがちです。

しかし、このパンツの生地には、オフスケール加工が施されています。
このオフスケール加工により、ウール特有のチクチクとした肌触りが無くなり、ストレス無く通年着用できるようになっているのです。

旧式シャトル織機で丁寧に織り上げられた、グラフペーパーオリジナルのセルヴィッチウールギャバジン生地は、ナイロンのようなシャリっとした質感になっています。

シルエットは、腰回りにかなりのゆとりがあり、裾に向かって少しきつめにテーパードがかかっています。実際に履いてみるとシルエットが抜群でした。
このテーパードのかかり具合が何と言っても絶妙。
オーバーサイズのTシャツを好んで着ている僕にもしっくりきました。

ただ、こちらのパンツの真骨頂は、なんといってもサイズの仕様にあると僕は思います。
先程の全身写真の詳細でも記述していましたが、サイズの表記は FREE なんです。

え、パンツでフリー???

最初は僕も理解が出来ませんでした。
何故フリーサイズなのか、さらに詳しく見ていきましょう。

こちらの写真は、ウエスト部分の写真です。
アジャスター付きのパンツは最近よく見かけますが、こちらのパンツは少し変わった仕様です。
元々、フランスのシェフが履いているパンツをベースにしています。
ウエストがかなり大きく設計されていますが、
アジャスターが、ベルクロとゴムで留める仕様になっており、
簡単で自由なウエスト調節が可能です。
そのため、どのような体型の方にも綺麗に履いて頂けるのです。

今回のコレクションで、このアジャスターのゴムの部分がアップデートされています。
前回までは、このゴムの根本部分がよじれてしまうことが多かったのですが、
今回より、よじれてしまうことが無いような仕様に変更されています。
なので、すでにお持ちの方にも今回アップデートされたシェフパンツはオススメです。


なによりシェフパンツは履く人によって違った良さが出るパンツです。
今回お伝えした事はもちろん参考にしていただければと思いますが、
実際に履いてみない事には、伝わらない良さが沢山あります。

J.B.Voice(ジェービーボイス)グループ店舗では、マスクの着用、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、コロナウィルス感染に対して、万全の体勢をとって営業をしていますので、一度店頭でお試しください。
僕たちスタッフもご相談にのります。

今回ご紹介したシェフパンツは、 JACK in the NET(ジャック イン ザ ネット)オンラインストア でも販売しています。
ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

JACK IN THE BOX(ジャック イン ザ ボックス)のインスタグラムでは、 入荷情報や、コーディネート提案等、様々な情報を配信していますのでフォローをお願い致します。

JACK IN THE BOX

ADDRESS:愛知県名古屋市中区大須3-1-65
TEL:052-265-9517(GOLDKISS)
052-265-9512(N.HOOLYWOOD NAGOYA)
052-265-9516(BEDWIN&THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA)

お店の詳細を見る

お店の記事を読む

FASHION POST

FASHIONの記事

NEW POST

最新記事
TOPへ